プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

錦糸町駅南口徒歩2分の海鮮居酒屋MARUチーフです。
美味しい物大好き、お酒大好き、利き酒師、焼酎アドバイザーの資格も持っています。
ちなみに趣味はスキー(SAJ1級)

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

イベント情報 Feed

2009年7月25日 (土)

隅田川花火大会

今日は暑いですねぇ(>_<)


とろけそうです・・・


皆さんも熱中症などにはくれぐれも気をつけてくださいね。


さて、今日は隅田川花火大会

晴れて良かったですね。


浴衣で観に行かれる方もいらっしゃると思います。

そこでMARUでは本日、

浴衣でご来店のお客様に

“生ビール1杯サービス”

しちゃいます♪

※500円以内の他のドリンクに変更可


ぜひぜひ、花火大会帰りはMARUにお立ち寄り下さい!!


もちろん、花火大会帰りでなくても浴衣で来て頂ければOKですよ!

浴衣で無い方は今すぐ着替えて来ましょう!

みんなで浴衣でMARUに集まって下さいね。

今宵もご来店を心よりお待ちしております。
海鮮居酒屋MARU

2009年2月12日 (木)

3月3日に一斉開催! イザ!日本酒【春の陣】


3月3日(火)のひなまつりに海鮮居酒屋MARUはもちろん、全国の日本酒に力を入れている熱血料飲店116店舗で一斉に次のイベントを行います!

《ご来店の女性のお客様ににごり酒一杯と旬の酒肴サービス!!》

3月3日は女性の方はもちろん、男性の方は女性をお誘いの上、ぜひ協賛店さんにお越しください。

みんなで日本酒を飲みましょう!!

≪熱血料飲店一覧≫(敬称略)

■東京地区

1、海鮮居酒屋MARU
2、旬酒場 日がさ雨がさ
3、神保町 傳
4、創作鳥焼 五鉄
5、新鮮組
6、炭屋 えんけい
7、地酒地鶏 澤や
8、焼き鳥 彦
9、北池袋 長寿庵
10、うな藤
11、とんくろ 虎ノ門店
12、ろばた焼 海賊
13、炭火焼 蔵門(くらど)
14、旬の魚に旨酒尽くし いし井
15、酒味処 きの字
16、かもし処 ひょん
17.更科丸屋
18.釣船割烹 三河屋
19、秘蔵ばくれん
20、魚bar一歩
21、井のなか
22、日本酒と焼酎ばー 仁助
23、たらキッチン
24、じゃのすけ
25、稲毛屋
26、天★
27、東麻布 逢坂
28、吟吟
29、柏庵
30、件
31、器楽亭
32、経堂 早雲
33、いさ美庵
34、酉の
35、ぶち
36、蒼天
37、月夜
38、海と
39、庵弧 恵比寿店
40、神楽坂 粋
41、大塚 串駒
42、和創旬酒楽 なかい
43、吉祥寺 ひまり屋
44、酒采旬彩 きくや
45、茶懐石小すぎ
46、和酒和食 の坂
47、鳥新 (東京・板橋)
48、築地ねこ屋

■神奈川地区

48、串焼き 秋田屋
49、酒蔵 富士屋
50、旬彩嘉奈
51、文次郎
52、さかなや
53、お秀
54、鳥みき
55、焼鳥修
56、遊家

■ほか関東地区

57、チョウゲン坊
58、埼玉の地酒処 うりんぼう
59、和浦酒場 本店 (埼玉・浦和) 
60、和浦酒場 弐 (埼玉・浦和)

61、The OSAKANA Dining 甚
62、bistro えん
63、楽樹(らくじゅ)
64、たわら寿
65、蕎麦酒屋くりはし


■長野地区

66、ふつうの食堂 きらく

■新潟地区

67、地鶏・鍋・地酒・焼酎 「あうん」

■愛知地区

68、加寿也
69、丸の内かめい 
70、ひつじ屋
71、旬ぎく
72、さかなやま 本場御園店
73、立ち飲みBAR みーま
74、いなせ 寅゛衛門
75、旬彩食工房 魚楽
76、酒房よし亭

■静岡地区

77、満喫酒場 えふ (静岡・藤枝) 古川様


■三重地区

78、ご馳や (三重・鈴鹿)
79、居酒屋 はなれ家 (三重・鈴鹿)
80、炭人の台所 りんてつ (三重・四日市)

■関西地区

1、炭火やきとり 飛鳥
2、kamoshiya Kusumoto
3、髭政
4、旬菜料理・銘酒  酒味の蔵
5、和庵(なごみあん)
6、旬菜と地酒 登奈里
7、酒肆 門
8、千喜千輝
9、蔵朱 (大阪・堺筋本町)
10、酒や肴 よしむら(大阪・天神橋1)
11、尊尊我無 (大阪・福島)
12、チルコロ (大阪・西天満)
13、日本酒うさぎ (大阪・心斎橋)
14、味食工房 あじあん(大阪・京橋)
15、船越商店 渉 (大阪・難波)
16、マンボウ (大阪・日本橋)
17、酒肴や かわむら (大阪・天満)
18、ほむら (大阪・谷町3)
19、寺田屋 (大阪・都島)
20、丑寅 (大阪・千日前)
21、あじわい酒房あづま 南森町店 (大阪・南森町)
22、あじわい酒房あづま 帝塚山店 (大阪・帝塚山)
23、楽菜 わさびや (大阪・上本町)
24、酒肴 和亭 (大阪・谷町4)
25、和味創采とりで (大阪・梅田)
26、串焼屋 (大阪・玉出)
27、KO’z (大阪・上本町)
28、お好み焼き 介 (大阪・新町)
29、天ぷら 介 (大阪・本町)
30、味酒かむなび (大阪・谷町5)
31、ネミ屋酒アテ店 (大阪・福島)
32、ぶどう組 (東大阪・小阪)
33、粋肴旨酒ささら (堺・深井)

34、酒笑 (徳島・阿波)

35、eau de vie (山口・新山口)


海鮮居酒屋MARU
http://izakaya-maru.com

2009年1月29日 (木)

獺祭新酒の会

ご案内するのを忘れていましたwobbly
2月20日(金)と22日(日)の2日間、都市センターホテルで獺祭新酒の会が開かれます。
詳しくはこちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~etizenya/daltusai%20sinsyu%20no%20kai.html

獺祭は山口県のお酒で蔵内平均精米歩合41%というこだわりのお酒で、MARUでも人気の銘柄です。
その獺祭の新酒が一堂に揃い、ホテルの料理と共に楽しめ、蔵人さんとも交流出来るこの会は僕もおすすめします。

ちなみに僕は22日に参加します。
22日に行く方が居ましたら会場でお会いしましょう!!

P.S.昨日(一昨日?)の神の雫で僕たち夫婦が披露宴を行ったカーディナス・チャコールグリルが使われていました。(サイオンコーポレーションの新作ワイン品評会のシーン)
何だか嬉しいですねhappy01

カーディナス・チャコールグリル
http://www.cardenas.co.jp/charcoal/
http://www.cardenas-wedding.com/charcoal/

海鮮居酒屋MARU
http://izakaya-maru.com

2009年1月19日 (月)

料飲店サミット!

昨日は料飲店サミットという日本酒を愛する飲食店の集まりで千駄木にある稲毛屋さんと言う鰻料理屋さんに行きました。

今回は3月3日に行うイベントの決起集会という名目で集まり、3月3日のイベントを成功させるため、日本酒業界を盛り上げるための話しで大いに盛り上がりました。


日本酒は参加者で持ち寄り

3月3日のイベントの詳細
ひな祭りということもあり女性限定ですが、発泡にごり酒と春野菜の酒肴を1品サービス致します。

それを今回参加する全国の115店舗(だったかな?)で一斉に行います。
2月になればポスターが出来上がってくると思います。

僕は今回初めての参加だったのですが、本当に日本酒に対して熱い人達ばかりでした。

僕が撮影者なので写ってませんwobbly

海鮮居酒屋MARUオフィシャルサイト
http://izakaya-maru.com

2008年8月18日 (月)

居酒屋甲子園

8月19日~21日の3日間、居酒屋産業展という展示会がパシフィコ横浜で開催され、その会期中の20日に同じくパシフィコ横浜にて第3回居酒屋甲子園の決勝大会が同時開催されます。

MARUも居酒屋甲子園には参加していましたが、残念ながら予選落ちとなってしまいましたsad
届いた結果を見て、他の参加店舗のレベルの高さに驚かされました。
どうしたらそこまでお客様を喜ばせることが出来るのか、まだまだうちは勉強不足だと思い知らされました。
そこで研修も兼ねてみんなで居酒屋甲子園の決勝大会を観に行くことにしました。
そのため、8月20日(水)はお休みさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、ご了承下さい。

また、19日と21日は居酒屋産業展の中で居酒屋から日本を元気にするセミナーというのがあるので聴いて来ようと思います。
一風堂の河原社長やゼットンの稲本社長、際コーポレーションの中島社長、元巨人軍の桑田さん、てっぺんの社長で居酒屋甲子園理事長の大嶋さん、和民の渡邉社長など、蒼々たる顔ぶれなので楽しみですup
もちろん夜は店に戻って来ますよ。

明日から3日間いつもよりだいぶ早起きをしなければいけないし、金曜からは祭りが始まる…。
ブログがまたしばらく書けないかも知れないなぁwobbly

2008年7月30日 (水)

日本酒フェスティバルに行って来ました。(その2)

昨日の続きです。

もう順番は覚えていませんが

大那(だいな)
これまた栃木のお酒。栃木に2件続けて寄った後に目に付き、栃木繋がりで立ち寄りました。
大那という銘柄は前々から知ってはいましたが、しっかり味わった覚えがなかったのですが、純米無濾過生原酒が美味しかったですね。
フレッシュでジューシー、とは言え香りが強すぎたりすることもなくバランスが良くて、雑味も少ないので素直に僕好みのお酒だと感じました。
他に純米吟醸や大吟醸も頂きましたが、結局この純米無濾過生原酒が一番でした。
コスト的にも一番お手頃で、かねゑ越前屋さんで扱っているそうなので今度仕入れようと思います。

撰勝山
3種類ほど頂いた中で純米吟醸の美山錦だったと思うのですが、バランスが良く、香り、コクなどどれを取っても突出する所はありませんが、見事に調和してとても美味しかったと思います。
蔵元さんもこれが今回の一押しだったそうで、これが一番旨いと言ったら喜んでいました。

亀甲花菱
MARUではいつも無銘酒会限定の純米もしくは純米吟醸の無濾過生原酒槽口瓶封じばかり扱っていますが、火入れもすごく良かったです。
たしか、美山錦と山田錦の火入れを飲みました。
コスト的には美山錦の方が良いかなと思いますが、どちらもフレッシュで果実味無濾過生原酒に比べ、どっしりとしたコクのある味わいを感じました。
皆さんにもぜひ飲んで頂きたいところですが、亀甲花菱を仕入れている杉浦酒店さんでは火入れを扱っていないようです。扱ってくれないでしょうか?
他にも大吟醸や古酒なども美味しく頂きました。

富士の光
今回初めて飲んだ銘柄の中でも特に気に入りました。
一通り飲んで来ましたが、純米大吟醸無濾過生原酒が特に良かったです。大吟醸にしては値段もお手頃でした。
純米生詰原酒は17BY、18BY、19BYと頂き、熟成による味わいの違いを楽しめました。
本醸造山廃仕込みはぜひ燗で飲みたいと思い、サンシンさんのブースで燗を付けてもらいましたがやっぱり当たりでした。
富士の光さんは都内ではほとんど扱っていないらしいですが、直接送って頂けるとのことで、今度取り寄せようと思います。
都内ではほとんど取り扱いがないというのも逆に魅力ですしね。

臥龍梅
顔見知りの方が蔵のお世話をしているので立ち寄りました。
何種類か頂き、その中で確か純米吟醸無濾過生原酒の雄町が良かったと思うのですが、この頃はだいぶ酔いがまわっていたため、確信が持てませんsweat01

他にも郷乃譽、出雲富士、結人などのブースを回ったはずなのですが、もう酒が回った後で思い出せませんdespair

今回は絶対回り切れないから急いで回ろうと思って、メモも取らずに回っていたのに結局気に入ったお酒にめぐり合うと蔵元さんと話し込んでしまい、ほとんど回れないうちに終わってしまいましたsad
こんなことならブログのためにもしっかりメモを取っておくべきだったと今更ながらに後悔しています。
写真も1枚も撮ってなく、寂しいブログになっちゃったしwobbly
せめて瓶の写真だけでも撮ってあれば良かったのですが…
今度はしっかりとメモや写真を撮り、しっかりと皆さんにお伝えしますね。

2008年7月29日 (火)

日本酒フェスティバルに行って来ました。(その1)

昨日、書いている途中で寝てしまいましたwobbly

7月27日に東京プリンスホテルで行なわれた日本酒フェスティバルに行って来ました。
参加蔵元58蔵、出品だけの蔵55蔵、合計113蔵のお酒が一同に集まる都内でも最大級の日本酒のイベントです。
昼の部と夜の部がありましたが、前日に大学時代の研究室の先生の退職祝い、後輩の結婚祝いと飲み続けていたため、昼の部は諦めて、夜の部だけ参加して来ました。
今回はメモを取っている余裕もなく、覚えている範囲で飲んだお酒とその感想を書きたいと思います。

まずは松の寿の松井酒造店さんのブースへ
松井夫妻お二人でご参加されていました。
何度か蔵へ足を運んでいるのでご挨拶がてらに伺うと見た事のない銘柄が・・・
吟醸(だったかな?)うすにごり・・・、フレッシュで美味しかったです。
店でも扱いたいところでしたが、もう蔵にも在庫がないとのこと。
来年を待つしかないようです。
純米雄町、程よく味がのっていて良かったのですが、これも数が無いそうです。
山廃純米五百万石、初めての山廃仕込みとのことですが、山廃にしてはちょっと物足りなく感じました。
貴醸酒、深いコクと甘みが利いた食後酒ですが、松井さんの用意してくれた茄子のからし和えと良く合いました。

次に鳳凰美田の小林酒造さんのブースへ
小林専務に久しぶりにお会いしました。
大吟醸フェニックス、華やかでフレッシュ、まさに鳳凰美田の大吟醸という感じで良かったです。
出品大吟醸、出品酒にしてはバランスが良く丸みがあったと思います。
芳(かんばし)、藤田芳さんの造る有機栽培若水米を使った純米吟醸で、MARUでも良く使っている銘柄ですが、今回持って来たのは前日に斗瓶から汲み出したものとのこと。生酒を熟成させ、旨く枯れた感じを出したとのことでしたが、飲んだ後の落ち着きの良さなどはまさにその通りだと思いました。
美田鶴、久しぶりに飲んだ地元限定銘柄。今回リニューアルしたそうですが、鳳凰美田銘柄に負けず劣らず美味しいお酒でした。
ところで最近、芳(かんばし)の香りが控えめになったことについて小林専務にお伺いしたところ、鳳凰美田全体として香りの質を上げているそうです。その結果、プンプンした香りは少なくなっているそうですが、芳に関しては米の生産者の藤田さんもプンプンしたお酒の方が好きなそうで、生産者の意見を尊重して来年以降は戻す予定とのこと。僕も芳に関してはその方が良いと思いました。芳はもともと鳳凰美田の中でも一番特徴的な香りの強さを持っていたので芳だけはその路線で、他は質を上げて落ち着きを出してもらえると芳とそれ以外の2種類を置いた時にメリハリがついて良いかなと思いました。

ところで小林専務は今年3月に5人目のお子さんが生まれたそうで、僕にも10月に子供が生まれる予定なので、そんな話でも盛り上がってしまいました。

残りはまた今晩にでもご紹介致します。

2008年7月18日 (金)

平成19酒造年度全国新酒鑑評会金賞受賞蔵その4(島根~宮崎)

いよいよ、金賞受賞蔵のご紹介も最後です。

島根県「加茂福」加茂福酒造
島根県「環日本海」日本海酒造
岡山県「酒一筋」利守酒造
岡山県「極聖」宮下酒造
岡山県「燦然」菊池酒造
広島県「比婆美人」比婆美人酒造
広島県「美和桜」美和櫻酒造
広島県「金松菱正宗」久保田酒造
広島県「八幡川」八幡川酒造
広島県「御幸」小泉本店
広島県「雨後の月」相原酒造
広島県「特製金紋賀茂鶴」賀茂鶴酒造2号蔵
広島県「特製金紋賀茂鶴」賀茂鶴酒造御薗醸造蔵
広島県「特製富士西條鶴」西條鶴
山口県「五橋」酒井酒造
山口県「清流錦川」堀江酒場
山口県「長陽福娘」岩崎酒造
山口県「長門峡」岡崎酒造場
徳島県「瓢太閤」日新酒類太閤酒造場
徳島県「今小町」中和商店
香川県「金陵」西野金陵八幡蔵
香川県「綾菊」綾菊酒造
愛媛県「初雪盃」協和酒造
愛媛県「行光」藏本屋本店
愛媛県「山丹正宗」八木酒造部
愛媛県「寿喜心」首藤酒造
愛媛県「日本心」武田酒造
高知県「土佐しらぎく」仙頭酒造場
高知県「土佐鶴」土佐鶴酒造本社工場
高知県「文佳人」アリサワ
福岡県「菊美人」菊美人酒造
福岡県「国菊」篠崎
福岡県「磯乃澤伝承」いそのさわ
佐賀県「宗政」宗政酒造
佐賀県「天山」天山酒造
佐賀県「鍋島」富久千代酒造
大分県「一の井出」久家本店
大分県「龍梅」藤居酒造
大分県「久住千羽鶴」佐藤酒造
大分県「八鹿」八鹿酒造笑門蔵
熊本県「美少年」美少年酒造
宮崎県「綾錦」雲海酒造綾工場

やっっと終わりましたぁ!
文字の入力が多くてさすがに疲れました…
途中でちょっと失敗したかもとも思いましたが、何とか全てご紹介することが出来ました。

ところで皆さんはこの中で知ってる蔵元さんがどの位あったでしょうか?
僕はきき酒師の資格を持っていながらも半分も知りませんでした。
いやぁ、日本酒はまだまだ奥が深い…。
まだまだ勉強しなくてはいけませんね。

ちょうど今月最後の日曜日の27日には東京プリンスホテルで川島酒縁の会・日本酒伝承の会主催の日本酒フェスティバルが開催されます。
僕ももちろん行って勉強して来ますが、一般の方も参加出来ます。
ご興味のある方はぜひこちら↓のホームページをご覧になってみて下さいね。
http://www.kappore.co.jp/com/kawa-200.html

2008年7月15日 (火)

酒人好の会に行ってきました!

酒舗まさるやさん主催の酒人好の会~お蔵元さんと共に本格地焼酎を楽しむ会~に行って来ました。

今回の参加蔵元さんは以下の通りでした。
いも麹芋(国分酒造)
鶴見(大石酒造)
朝日(朝日酒造)
海(大海酒造)
富乃宝山(西酒造)
長雲(山田酒造)
蔵の師魂(小正醸造)
萬膳(万膳酒造)
龍宮(富田酒造場)
櫻井(櫻井酒造)
村尾(村尾酒造)
池の露(天草酒造)
佐藤(佐藤酒造)
川越(川越酒造)
大石(大石酒造)
さつま寿(尾込商店)
きろく(黒木本店)
豊永蔵(豊永酒造)
しま千両(高崎酒造)
山ねこ(尾鈴山蒸留所)
武者返し(寿福酒造場)
純黒(田村合名)
藤の露(藤本本店)
青一髪(久保酒造場)
晴耕雨讀(佐多宗二商店)
泰明(藤居醸造)
けいこうなるも(ゑびす酒造)

蔵元さんの数もそうですが、お客さんは300名以上集まったようで、今までで一番多く、すごく賑わっていました。


↑今回の料理↑毎回明治記念館の料理長が腕を奮って焼酎にあう料理を用意してくれます。
素材もほとんど九州から取り寄せているようです。

今回の発見としては藤の露の古酒の原酒(現在非売品、評判が良かったそうで発売も考えるとのこと)が美味しかったですね。
蔵の師魂の麦も今回初めて飲んだのですが、なかなかでした。
あと、国分酒造さんの蔓無源氏の前割りの燗が絶品でした。
池の露の新商品(紅さつま、安納)もどちらも美味しかったですが、紅さつまの甘みが何とも言えず、特に美味しかったです。
また、さつま寿と鶴見の美味しさをあらためて認識しました。

ゑびす酒造さんの焼酎もいくつか飲みたいと思っていたのに行きそびれてしまいました。
他にも飲みたい焼酎がいっぱいあったのですが、全然飲み切れず…、最後の方はだいぶ酔っ払ってしまいました。


許可を取ったので尾込商店の蔵人さんとのツーショットを

5月頃にあった日本酒の時はそこまで酔っ払わず、錦糸町に戻ってから飲み直したのですが、焼酎は度数が高いのでやっぱり利きますね。
酒人好の会で数をこなすにはもっと人を集めて、みんなで色んな焼酎をもらって来て回し飲みするのが一番だと改めて感じました。
今回は二人で行ったのですが、次回はもっと早くに声を掛けてもっと人数を集めたいと思います。

まあ、とても酔っ払ってしまいましたが、すごく楽しく、本当に参加して良かったと思いました。
焼酎好きの方には本当におすすめの会です。
MARUのメール会員の方には次回は早くにご案内して一緒に行けると良いなと考えています。
まだメール会員ではなく、案内をご希望の方はinfo@izakaya-maru.comまで空メールを送信して下さい。

あんまり会の様子をお伝え出来ませんでしたが、まさるやさんのブログにもっと詳しく会の様子が載っています。
興味のある方はこちらをご覧下さい。
http://masaruya.exblog.jp/7081962/

2008年7月12日 (土)

早瀬浦金賞受賞酒終了しました。

前回ご紹介した金賞受賞酒のうち、福井県の早瀬浦が終了し、高知県の土佐しらぎくに代わります。
なので12日より当店で飲める金賞受賞酒は

福島県「あぶくま」金賞酒 大吟醸無濾過原酒 700円
静岡県「開運」大吟醸祝酒 金賞受賞酒 1000円
高知県「土佐しらぎく」平成20年金賞受賞酒 700円
となります。(価格はグラス0.5合)
3点セットは1600円

これだけでは物足りないので、本年度の金賞受賞蔵をご紹介したいと思います。
北海道「宝川」曲イ田中酒造
北海道「千歳鶴」日本清酒札幌酒造工場
北海道「国士無双」高砂酒造
青森県「鳩正宗 吟麗」鳩正宗
青森県「安東水軍」尾崎酒造
青森県「桃川」桃川
岩手県「桜顔」桜顔酒造
岩手県「あさ開」あさ開
岩手県「関山」両磐酒造
岩手県「世嬉の一」世嬉の一酒造
岩手県「千両男山」菱屋酒造店
岩手県「南部関」川村酒造店
岩手県「堀の井」高橋酒造店
岩手県「南部美人」南部美人
岩手県「酔仙」酔仙酒造
岩手県「磐乃井」磐乃井酒造
岩手県「岩手誉」岩手銘醸
秋田県「竿灯」秋田醸造
秋田県「新政」新政酒造
秋田県「高清水」秋田酒類製造
秋田県「秋田晴」国萬歳酒造
秋田県「西関」西関酒造
秋田県「爛漫」秋田銘醸本社工場
秋田県「福小町」ナショナル物産秋田木村酒造工場
秋田県「秀よし」鈴木酒造店
秋田県「由利正宗」齋彌酒造店
秋田県「喜久水」喜久水酒造
秋田県「北鹿」北鹿
秋田県「太平山」小玉醸造
秋田県「千歳鶴」かづの銘酒
秋田県「まんさくの花」日の丸醸造
秋田県「刈穂」刈穂酒造
秋田県「出羽鶴」出羽鶴酒造
山形県「壺天」男山酒造
山形県「九郎左衛門」新藤酒造店
山形県「米鶴」米鶴酒造
山形県「出羽桜」出羽桜酒造
山形県「十四代」高木酒造
山形県「最上川」最上川酒造
山形県「白露垂珠」竹の露
山形県「出羽の雪 酒のいのち」渡會本店
山形県「大山」加藤喜八郎酒造
山形県「栄光冨士」冨士酒造
山形県「上喜元」酒田酒造
山形県「辯天・酒中楽康」後藤酒造店
山形県「あら玉月山丸」和田酒造
山形県「麓井」麓井酒造
山形県「杉勇」杉勇蕨岡酒造場
山形県「東北泉」高橋酒造店
宮城県「わしが国 瞑想水」山和酒造店
宮城県「天上夢幻」中勇酒造店
宮城県「浦霞」佐浦本社蔵
宮城県「新関」平孝酒造
宮城県「一ノ蔵」一ノ蔵金龍蔵
宮城県「寿禮春」金の井酒造
宮城県「金紋両國」角星
宮城県「蒼天伝 大吟醸」男山本店
宮城県「黄金澤」川敬商店
宮城県「宮寒梅」寒梅酒造

・・・疲れました。
今回は北海道~宮城県までのご紹介ということでご勘弁下さい。
これでもまだ3分の1も紹介してないかも知れません。
何せ、今年の金賞受賞蔵は255蔵あるので・・・。
福島以南はまた次回にご紹介致します。

海鮮居酒屋 ◯ MARU のサービス一覧

海鮮居酒屋 ◯ MARU